【漫画で学ぶ】日本人が間違いやすい英会話 第16話「がんばって!」

【本日のテーマ】「がんばって!」

今回は、相手にはげましの言葉をかけたつもりが、かえって相手を憤慨させてしまった事例です。さっそく、ポイントをおさらいしてみましょう。

◆日本人が間違えやすいポイント
仕事を山のように抱えている同僚に対し、日本人は「がんばって!」というつもりで Work harder! と声をかけました。確かに work hardには「がんばる、励む、一生懸命努力する」という意味があります。

しかし、すでに仕事や勉強を一生懸命仕事やっている相手に対し、Work harder! と声をかけるのは「(今よりも)もっと努力しろ!」「努力が足りないぞ!」と言っているようなもの。相手が憤慨するのも無理はありません。

◆正しい表現はコレ!
日本語の「がんばって」にぴったり合う英語表現はありませんが、シチュエーションに合わせたフレーズを使い分けるといいでしょう。

例えば、今回のように熱心に仕事をしている相手に対しては、Don’t work too hard. や Don’t push yourself too hard. がよく使われます。これは「無理しないで、がんばり過ぎないで」と相手をねぎらう表現です。Take it easy.も「気楽にね、がんばり過ぎないで」も同じように相手への思いやりが感じられるフレーズになります。

You can do it.は 「あなたならできる」と相手を励ます表現です。ただしこのフレーズは、状況や文脈によって「(私ではなく)あなたがやりなよ、(私には関係ないから)あなたがやれば」という意味の表現としても用いられるため、励ましの意味で使う際は明るく元気づけるように言うなど、伝え方に注意しましょう!

また、新天地での活躍を願う意味での「がんばって」は、Good luck. を使うのが一般的です。

◆さらに応用TIPS!
日本人は手伝いを申し出る際、Shall I help you? と声をかけていました。これは間違いではないのですが、会社の同僚など、ある程度親しい相手との会話では Shall I …? を使った表現ではなく、Can I help you? Do you need some help? とたずねましょう!

漫画イラスト: トーマス・オン・デマンド

タグ: