ゴロで覚えるTOEIC®頻出単語 『output』

output

【ゴロ】あまりの生産高に、会うとプッと笑っちゃう 
【意味】【名】生産高、出力
【発音】[áʊtpʊt]
【例文】
By using this technology, we can greatly increase the output at our factory.
この技術を使えば、工場の生産高を大幅に増やすことができる。

TOEIC®対策ポイント
outputはPart 2〜7の設問や選択肢、本文で出てきます。TOEICスコア730点以上を目指すには、ぜひ覚えておきたい単語です。
人や機械、工場などが生み出す生産量や制作物、機械などが出す出力などを指します。

TOEICによく登場する、increase output「生産高を高める」やdecrease output「生産高を削減する」は、フレーズごと覚えるといいでしょう。
outputには動詞の用法もあり、output document「文書を出力する」や、output data「データを出力する」など、主に「(情報)を出力する」という意味で使われます。

実際のビジネスの場面では、主に「生産、出力」の意味で使われます。
daily output of a factory「工場の1日の生産量」や total output「総生産高」、output data「出力データ」、output device「出力装置」、output medium「出力媒体」、output adjustment「生産量の調整」、output analyses「出力解析」などは、今どき必須のビジネス用語です。

対義語はinput「入力、~を入力する」で、アクセントはiに置かれることに注意しましょう。
関連表現として、production volume「生産量」やproduction capacity「生産能力」なども、あわせて覚えておくといいでしょう

イラスト:堀道広

タグ: