関先生にお悩み相談 【22】英語学習をコンスタントに続けるコツは?うまく習慣化できる方法を教えてください!

TOEIC®の勉強中に直面する、皆様からのあらゆる疑問やお悩みを「スタディサプリENGLISH TOEIC®L&Rテスト対策コース」の人気講師でTOEIC®990点満点を持つ関正生先生が解決します!

本日のお悩み
英語学習を毎日コンスタントに続ける秘訣はありますか?
(女性 30代前半 会社員 TOEIC®685点)

関先生からのアドバイス
絶好調の時間帯は学習にあてる!学習を後回しにしないように

◆習慣化しやすい学習時間帯を考える
英語学習を習慣化し、コンスタントに続ける秘訣は、一日のうちで絶好調のタイミングを学習時間にあてることです。たとえば、僕は調子のいい午前中に仕事を入れずに勉強することにしています。それ以外の時間帯にやると、疲れてしまって勉強できないからです。疲れて学習できない可能性のあるタイミングに学習時間をあてなければ、確実に学習できるようになります。

絶好調のタイミングは人それぞれです。よく受験生からも「朝方と夜型、どっちがいいですか?」と聞かれることがありますが、どちらでもかまいません。社会人の方なら、朝に仕事に行く前でも、夕方に仕事が終わったあとでも、夜中でもいい。それぞれのライフスタイルに合わせて学習時間帯を決めましょう。

ただ、「コンスタントに学習を続けないといけないのに、できていない」と罪悪感を覚える必要はありません。学習がつらいときは、場合によっては休んでもいいでしょう。その日にできなくても、翌日に取り返せばいいんですから。

◆英語学習を優先してやれば学習できない日はなくなる
また、スコアを目指すのであれば、日常生活での英語学習の優先順位を上げることも必要です。英語学習のために、何かを犠牲にすることは覚悟しておきましょう。

ただでさえ学習はないがしろにされ、後回しになりがちです。たとえば僕も、仕事を優先していたときは勉強ができなくなっていました。それではいけないと思い、勉強の優先順位を上げてからは、毎日コンスタントに勉強できるようになっています。社会人は往々にして、「仕事をやっていれば許される」と思ってしまう傾向があります。でも、TOEIC®L&Rテストでスコアを取りたい皆さんにとっては、英語学習は重要度が高いことであるはず。仕事や余暇を言い訳にして英語学習を後回しにしていないか、今一度、生活習慣を見直してみましょう。英語学習をいの一番にやっていれば、学習ができなくなる日はなくなります。

それでもやはり余暇の時間を削りたくないというのであれば、ランチの時間を学習時間にあてるのがおすすめです。昼休みが始まってすぐ、パンやおにぎりなどを軽く食べれば、食事そのものは5分程度で終わります。その後の時間はしっかり学習に使えますよ。

タグ: