関先生にお悩み相談 【26】演習中に出てきた単語はどう覚えるのが効率的ですか?

TOEIC®の勉強中に直面する、皆様からのあらゆる疑問やお悩みを「スタディサプリENGLISH TOEIC®L&Rテスト対策コース」の人気講師でTOEIC®990点満点を持つ関正生先生が解決します!

本日のお悩み
演習中に出てきたわからない単語は、どう覚えればよいでしょうか?単語帳などを自分で作るべきですか?
(男性 20代前半 専門職 TOEIC490点)

関先生からのアドバイス
復習しながら覚えていくのが効率的!覚えるべき単語の取捨選択も必要です

◆“問題を解くために必要な単語”を覚えていく
演習をしていてわからない単語が出てきたときは、その演習問題を復習しながら覚えていくのが効率的です。もし、単語がわからなかったことが原因で、ある演習問題が解けなかったとしたら、その問題を解けるようにするために、わからなかった単語も併せて覚えますよね。このように、問題を解くなかで必要な単語を覚えていくようにしましょう。

ちなみに、自分で単語帳を作ったり、わからない単語をExcelなどの表にまとめたりするのは、個人的にはあまりおすすめしません。そのほうが覚えやすいというならかまいませんが、単語リストを作る作業が目的になって、効率的に覚えられないこともあるので注意しましょう。

◆TOEIC®の単語帳に出てこない単語はスルーでもOK
質問者の方はスコア490点ということですが、その段階であれば、演習中に出てくる単語はあまり気にしすぎないほうがいい。例えば文法を学習しているなら、演習問題を解いているときはその文法事項に集中しましょう。その文法事項を使って問題が解ければ、わからない単語が出てきても無視してしまってOKです。単語も文法も、とあれこれやろうとすると、できないことばかりが気になってしまってよくありません。

どんなにハイスコアの人でも、問題を解いていると知らない単語は必ず出てきます。ただし、それがTOEIC®試験によく出る単語とは限りません。ひとつの解決策として、TOEIC®の単語帳を見て、載っていれば頻出単語として覚えるようにして、載っていなければあまり出ない単語としてスルーしてしまう方法があります。
出てきた単語をすべて覚えないといけないのは、900点以上の人くらい。完璧主義でやろうとすると失敗するので、繰り返しになりますが、問題を解くために必要な単語を中心に覚えていきましょう。

タグ: