関先生にお悩み相談 【49】受験英語とTOEIC®の英語で学習方法の違いはありますか?

TOEIC®の勉強中に直面する、皆様からのあらゆる疑問やお悩みを「スタディサプリENGLISH TOEIC®L&Rテスト対策コース」の人気講師でTOEIC®990点満点を持つ関正生先生が解決します!

本日のお悩み
受験英語とTOEIC®の英語にはどのような違いがありますか? また、それに伴う勉強方法の違いがあれば教えてください。
(男性 20代前半 学生 TOEIC®未受験)

関先生からのアドバイス
TOEIC®の英語は受験英語の延長上。大学受験用の参考書を大いに活用しましょう

◆大学受験とTOEIC®の学習方法は基本的に同じ
受験英語もTOEIC®の英語も、当然ながら同じ「英語」ですので、基本的な学習方法に違いはありません。ただし、TOEIC®は大学受験英語にビジネスと日常生活の英語が加わり、さらにリスニングの比重が増えています。そのため、大学受験にない要素をカバーするためのTOEIC®向け対策は必要です。

特に単語では、受験英語とTOEIC®の英語の違いを感じやすいでしょう。TOEIC®では、ビジネス(会議や商品の発注など仕事の場面で使う)単語、日常生活(買い物や銀行での手続きといった場面で使う)単語が多く登場します。そのために、スタディサプリENGLISHの「TEPPAN英単語」や市販のTOEIC®用の単語帳を使った対策が必要になるわけです。ただ、逆にいえばそれ以外の単語は大学受験と同じですので、受験勉強で覚えた単語の知識が十分活かせます。

また、大学受験ではリスニングがあまり重視されていませんが、TOEIC®では試験全体の半分をリスニングが占めます。大学受験でリスニングが苦手だった人は苦労するかもしれませんが、こちらもしっかりと対策が必要です。

◆大学生のTOEIC®学習は受験勉強の復習からスタート
大学受験を経験した人であれば、TOEIC®学習はその延長上にあると考えたほうが効率的に学習できます。例えば、大学に合格が決まった人は、入学するまでの間、新たにTOEIC®学習を始めるよりも、まずは受験勉強の復習をしたほうがTOEIC®でスコアを伸ばしやすいかもしれません。

大学受験を経験していない人も、大学受験の参考書があればTOEIC®学習に活用してみてください。お子さんが使っているものを貸してもらったり、使い終わったものを譲ってもらったりすれば取り組みやすいと思いますよ。

タグ: