関先生にお悩み相談 【72】「TOEIC®の英語は実践では役に立たないとネイティブに言われました。本当ですか?」

TOEIC®TESTの勉強中に直面する、皆様からのあらゆる疑問やお悩みを「スタディサプリENGLISH TOEIC®TEST L&Rテスト対策コース」の人気講師でTOEIC®TEST990点満点を持つ関正生先生が解決します!

本日のお悩み
将来的には流ちょうな英語を話せるようになりたいと思い、TOEIC®TESTの学習をがんばっています。ただ、アメリカ人から「TOEIC®TESTの勉強なんかしていても役に立たない」と言われることが多いです。本当に意味がないのでしょうか?
(男性 30代後半 会社員 TOEIC®TEST 515点)

関先生からのアドバイス
実践の場に出る前のトレーニングとして、TOEIC®TEST の学習はとても有効です!

◆TOEIC®の学習は日本人が英語の基礎力を身につける上で有効
確かに、ネイティブスピーカーの中には「TOEIC®TESTの英語は実用的ではない」「同じ試験なら、TOEFL®などのほうが実用的だ」という人もいるでしょう。ただ、そのように主張する人の多くは、日本の英語事情・英語教育事情を知らないと思います。

僕は「TOEIC®TESTは自動車教習所」だと考えています。英語を実践で使う場は、自動車でいう「路上」。そうした路上に出る前に、TOEIC®TESTの範囲内で、ある程度英語を使えるようになるプロセスは不可欠です

◆TOEIC®TEST の英語は学習者のイメージ以上にリアル
実際、TOEIC®TESTの英語は実践でも大いに役立ちます。ネイティブスピーカーだけでなく、日本人の英語学習者の中にも「ビジネス英語とはいえ、試験にすぎないTOEIC®TESTの英語は、しょせん机上の空論なんじゃないか」と考えている人は見られますが、そんなことはまったくありません。

例えば、僕が海外のホテルで見かけた「リノベーションのお知らせ」の貼り紙は、そのままTOEIC®TESTに出題されてもおかしくないものでした。また、テーマとしては実際のTOEIC®TESTには出ませんが、外資系企業のヘッドハンティングの文面を見たときも、TOEIC®TESTで見かける長文にかなり近いと感じました。

もちろん、TOEIC®TESTはあくまで試験ですから、現実のすべての英語を網羅しているわけではありません。例えば、会話の相手が怒ってしまうようなシーンは、TOEIC®TESTには登場しませんよね。加えて、ネイティブスピーカーが話す英語はTOEIC®TESTよりもスピードが速く、言い間違いや言い直しも頻繁にあります。

ですから、TOEIC®TESTである程度スコアが取れるようになったとしても、別途「路上教習」として、実践向けの学習をしなければならないのは事実。それでも、TOEIC®TESTの英語はかなりリアルです。その点には安心して、学習を続けてほしいと思います。

タグ: , ,