関先生にお悩み相談 【39】まとまった学習時間が確保できませんが、学習の効果は期待できますか

TOEIC®の勉強中に直面する、皆様からのあらゆる疑問やお悩みを「スタディサプリENGLISH TOEIC®L&Rテスト対策コース」の人気講師でTOEIC®990点満点を持つ関正生先生が解決します!

本日のお悩み
関先生は「英語学習に時間をしっかり取るべきだ」とおっしゃっていて、それが理想だとは思うのですが、現実にはこま切れにしか学習できません。それでも毎日続ければ効果はありますか?
(男性 30代前半 会社員 TOEIC®400点)

関先生からのアドバイス
こま切れの学習でもやらないよりは何倍もいいですが、長時間の試験に耐えうる力も必要です

◆長時間の試験では、疲れたときに英語を読む力も求められる
まとまった学習時間が確保できなくても、まったく学習しないよりは何倍もいいです。こま切れでも学習を継続するのは素晴らしいと思います。

ただ、TOEIC®は2時間休憩なしで行われる試験なので、それに耐えられるような力も必要です。特に試験後半は疲れてきて、読むスピードも集中力も確実に落ちていきます。マラソン選手のように、疲れていても一定のスピードと集中力で英語を読む力を身につけておかないと、なかなかハイスコアにはつながりにくいでしょう。

個人的な話になりますが、僕は仕事柄、疲れていてもたくさんの英文を読まなければならないことが多くあります。そうした経験を繰り返すことが、訓練になっているとは思いますね。

◆学習時間・学習量の合計が圧倒的に不足している場合は要改善
こま切れの短時間の積み重ねでも英語力を身につけることは可能ですが、それはあくまで、学習時間・学習量の合計がある程度確保されている場合のことです。

例えば、集中力にもよりますが、1日で合計2時間学習できていれば、2~3カ月で100点はアップできるでしょう。一方で、1週間の学習時間の合計が1時間程度では、圧倒的に学習が不足しています。英語以外の習い事を考えても、週1回1時間では、現実的にはなかなか上達できませんよね。こま切れに学習するのはかまいませんが、学習時間・学習量の総量はある程度確保するよう意識しておきましょう。

タグ: